スケジュール

第11回びまん性肝疾患の画像研究会
 当番世話人 神山 直久(GEヘルスケア超音波製品開発部)

日時: 平成31年2月23日 土曜日 16:00~20:00

会場: 品川プリンスホテル メインタワー 10F「ムーンストーン10」
     〒108-8611 東京都港区高輪 4-10-30 ℡ 03-3440-1111

会費: 3,000円

特別講演:  座長:神山 直久先生(GEヘルスケア超音波製品開発部)
  造影超音波に必要な基礎知識
   「超音波イメージングによる組織性状診断の最先端と未来ー定量化に対する提言」
       講師:山口 匡先生(千葉大学フロンティア医工学センター)

【一般演題募集要領】
 〇演題募集開始:平成30年12月1日(土)
 ○研究会のスケジュール運営を円滑にするために;
  プログラムを早めに作成することになりました.そのため,会の1ヶ月半前までにまず演題
  名と演者,共同演者名,施設名をメールでお知らせ下さい.抄録集用の400字以内の簡単な
  抄録は,従来通り一ヶ月前までに事務局までメールでお送り下さい.メールアドレスは
  sumino@med.toho-u.ac.jp です.具体的には以下の通りとなります.
 ○演題登録締め切り:平成31年1月12日(土)
 〇抄録締め切り:  平成31年1月28日(月)同日のタイムスタンプ有効.
 ○内容はびまん性肝疾患の画像診断に関連することであれば,
    ・US,CT,MRI,Angio,RIなどモダリティ不問
    ・症例,臨床研究,基礎研究などテーマ不問
    ・医学,工学など分野不問
     ※当番世話人要望演題セッションを設けます
       第11回研究会当番世話人要望演題
        「びまん性肝疾患を背景とする肝腫瘤性病変の造影診断:再整理
         肝腫瘤性病変の造影診断において、背景に肝疾患がある場合に留意すべき
         ポイントおよびそれを示唆する症例、背景肝の存在故に特別な所見が得ら
         れた症例、それが診断の役に立った症例、むしろ診断を不可解なものに
         してしまった症例、さらにはそれらを踏まえた造影のノウハウなどをご提示
         いただき、肝腫瘤の造影診断について再整理したい。
     ※新たなる可能性を発掘するために,一般の学会では検討が難しい
      「1例のみの経験だが示唆に富むと思う所見,役に立つと思う所見」
      的演題も歓迎いたします.
    多数のご応募をお待ちしております.