スケジュール

<世話人会からのお知らせ>

 新型コロナウィルス禍の第2波が懸念されます今日この頃ではございますが、皆様ご無事にお過ごしでしょうか?
 本研究会は三密を避け感染拡大を防ぐべく、2月22日に開催する予定でした第13回研究会を延期し、6ヶ月後を目途にスライド開催するつもりで準備を進めてまいりました。しかしご存知の通り感染の治まりは悪く、現状では今年中の開催も難しいと思われます。そこで世話人会で話し合いました結果、すでに抄録集が公開されております第13回研究会は誌上発表のかたちで開催されたこととさせていただきます。そして来年の春には順天堂の丸山紀史先生に当番世話人をお務めいただき、第14回研究会を開催することになりました。開催日は2021年2月6日(土)を予定しておりますが、詳細は本HPに順次アップいたしますのでご参照いただければ幸いです。なお、第13回研究会のご演題でさらに詳細なプレゼンをご希望のかたはその旨お申し出ください。第14回研究会のプログラム中に十分なお時間を設定させていただきます。

第13回びまん性肝疾患の画像研究会
 当番世話人 蜂屋 弘之(東京工業大学工学院システム制御系)

    → 公開されております抄録集をもちまして誌上開催とさせていただきます。


第14 回びまん性肝疾患の画像研究会
 当番世話人 丸山紀史(順天堂大学大学院消化器画像診断治療学)
新型コロナウィルス感染再拡大の規模が大きいため、現時点では次回の開催の見通しが立ちません。今後の運営につき現在検討中でございます故、しばらくお時間をいただきたくお願い申し上げます。 事務局
日時(未定): 令和3年月日 土曜日 15:00~19:00

会場(未定): 東邦大学医療センター大森病院 5号館地下1階 臨床講堂
     〒143-8541 東京都大田区大森西 6-11-1 ℡ 03-3762-4151
     ※地図やアクセス詳細に関しては、プログラム・抄録集をご参照下さい。

会費: 3,000円

特別講演:  座長:丸山紀史先生(順天堂大学大学院消化器画像診断治療学)
    「タイトル:未定」
       講師:未定()
                          
【一般演題募集要領】(未定)
 〇演題募集開始:令和年月日(火)
 ○研究会のスケジュール運営を円滑にするために;
  プログラムを早めに作成いたします。そのため,会の1ヶ月前までにまず演題名と演者、共
  同演者名,施設名を事務局までメールでお知らせ下さい.400字以内の簡単な抄録本体は、
  1週以内に、これもメールでお送り下さい.メールアドレスは
  sumino@med.toho-u.ac.jp です.具体的には以下の通りとなります.
 ○演題登録締め切り:令和3年月日()
 〇抄録締め切り:  平成3年月日()同日のタイムスタンプ有効.
 ○内容はびまん性肝疾患の画像診断に関連することであれば,
    ・US,CT,MRI,Angio,RIなどモダリティ不問
    ・症例,臨床研究,基礎研究などテーマ不問
    ・医学,工学など分野不問
     ※当番世話人要望演題セッションを設けます
       第14回研究会当番世話人要望演題
        「未定」
     ※新たなる可能性を発掘するために,一般の学会では検討が難しい
      「1例のみの経験だが示唆に富むと思う所見,役に立つと思う所見」
      的演題も歓迎いたします.
    多数のご応募をお待ちしております.